育児脱力系五七五七七のブログ。関連するYou Tube動画(アニメ・お笑い・その他)も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 朝起きて
        「おかあさ~ん」と
                    呼ぶ声が


  五月になったら
             「ママ・・」になったよ




          dd.jpg
          さみしいのかしら。




我が家はパパ・ママではなく
おとうさん・おかあさんと呼ばせています。


兄(小3)はもちろん、
弟(4)だって、

おとうさん、おかあさんと呼びます。



ですが過去にさかのぼると、

弟は 

はじめは

私のことを『ママ』と呼んでいました。



それは単純に『おかあさん』の発音が難しかったからです。



私が教えたわけではないのですが

テレビや周りの子を見て

おかあさん=ママ であると理解した弟が

自ら私を『ママ』と呼び始めました。



言いやすかったからでしょう。



その後は弟が自分で
『おかあさん』と言う練習をして

無事、発音出来るようになりました。




成長するにつれて


普段は『おかあさん』と呼べるけど

寝起きや泣いた時などの
「ちょっと調子が出ない時限定」で『ママ』と呼ぶ
 
 ↓

いつでも『おかあさん』と呼ぶ



と変化してきました。



現在は

どんな事があっても
『ママ』と呼ぶことは無くなっていたのです。




それがなんとまぁ、

ちょっぴり戻ったのですね。



きっと

幼稚園のお友達が
『ママ』と呼んでいるのを見たせいもあるでしょう。


幼稚園で
弟なりにがんばっているせいもあるのでしょう。




幼稚園で習った遊びや歌を

得意げに披露してくれることも増えてきた弟。





心も体も慣れるには

もうちょっとかかるんだな、きっと。うん。




弟よ、好きなだけ『ママ』と呼ぶが良い!( ゚∀゚)




ランキング参加中。クリックで応援してもらえるとうれしいです。
にほんブログ村 子育てブログ 男兄弟だけへ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

[2012/05/17 12:10] |
[tag]
トラックバック:(0) |


きしもと
今日もきゅんとするようなお話ですね。
がんばれ。弟君!

余談だけど
[ma]という幼児が発する音は世界中ほとんどの国で
母を子どもが求めてると解釈されて
母親を意味する言葉ができました。
ママだったり
マンマだったり
ママンだったり
マザーだったり
中国語のマーマだったり
韓国語のオモニ(オンマ)だったり。

ところが日本じゃ[ma]の音は
食いモンを求めてると解釈されちゃったんだそうです。
「マンマ、マンマ=おまんま」

貧しかったんですね。






きしもとさんへ
pino119
おはようございます。
お返事遅くなってしまいましたm( __ __ )m

> 今日もきゅんとするようなお話ですね。
> がんばれ。弟君!
ありがとうございます。
幼稚園は楽しくなってきたようですが、
すっかり慣れるにはまだ時間がかかるようです( ´艸`)

> ところが日本じゃ[ma]の音は
> 食いモンを求めてると解釈されちゃったんだそうです。
> 「マンマ、マンマ=おまんま」
>
> 貧しかったんですね。
幼児が「マ」をよく発するから母親が「ママ」となった、
というようなハナシはどこかで聞いたことがありましたが、
日本は「おかあさん」だよな~・・??と
思っておりました。
なるほど!ご飯の「まんま」になってたんですね!

あ。そういえばある時期、
弟が、ご飯を「まんま」・私を「ママ」と言っていて
聞き間違うことがあったことを思い出しました。

「まんま」(弟)
「おなかすいた?」(私)
「ママ!!」(弟)
というかんじで。
なんだかおかげさまで
懐かしい気持ちになれました((´I `*))♪

きしもとさん、コメントどうもありがとうございました!
*:+゜・。*ヾ(●´∀`●)ノ*。・゜+:*

コメント:を閉じる▲


 こいのぼり
         本物無いから
                   小さいの


  与えてみたなら
            ポッキリ折った




           こいのぼり
           あーあ。



先日弟(4)が
幼稚園からの帰り道
こいのぼりの歌を歌っていました。


?と思い辺りを見ると、
こいのぼりを飾っているお宅があったのです。



我が家には
ちゃんとした大きなこいのぼりは
ありませんが、

コンビニなどで売っている
小さなこいのぼりならあった事を
思い出しました。



弟があまりにも楽しそうに歌っていたので、


帰宅してから
「小さいけどウチにも『こいのぼり』あるよ」と
手渡しました。



すると

みるみるテンションが上がって
上についている風車を回しまくる弟。


その弟につられて
なぜか兄(小3)もヒートアップしております。



私には訳のわからないまま


『風』の戦いを始める兄弟。




「かぜかぜのぉ~、ガトリングーーー!」(兄)
 ↑ゴムゴムのガトリングの勝手なアレンジ


「うひゃひゃひゃひゃーーーー!」(弟)
 ↑こいのぼりを握りしめ、ナゾの奇声




こうしてキャッキャキャッキャと
楽しげに遊んでいたのもつかの間・・・・



「あ゛ーーーーーーーっ!!!」(兄)

「・・・・・・っ!!(´・艸・`;)」(弟)





はい、折れました。

小さい『こいのぼり』の棒、折れました。




もーーーう。


丈夫なトミカでさえ壊したことのある弟。


油断した母がおバカでしたよ。。





写真はありませんが、

この後無事、ガムテープで修理されました。


ごめんね、こいのぼり・・・(T-T*)




ランキング参加中。クリックで応援してもらえるとうれしいです。
にほんブログ村 子育てブログ 男兄弟だけへ

FC2blog テーマ:*男の子2人育児* - ジャンル:育児



 幼稚園
       順調だったの
                 3日だけ


 「きょうさむいから
          るすばんしてるー」(弟)




        c51ec3b3.jpg
        焦げてますよ。




入園式で変顔を披露した
新・年中さんの弟(4)。


幼稚園に行くのを

ずっと前から
とっても楽しみにしていました。



ですので

幼稚園に入園してからは

それはもう元気に通っていました。





最初の3日間は。






入園3日目の夜のこと。


「おかあさーん。
    弟ちゃん、あしたおやすみー?」(弟)



休みじゃないよー。



「!?(´・艸・`;)」(弟)




どうしたの?行くの嫌になったかな?




「そ、そんなことないよ、たのしいもん」(弟)




・・・・そう。。





「これは雲行きが怪しいぞ」と

感じましたとも。



下の子だけあって
普段から私にベッタリで

「おかあさん、かわいー」を連発し

すれ違いざまでも「ちゅっ」と私にチュウをする弟。



思わず

「付き合いたての彼氏か!!」と

ツッコミたくなるほどのママっ子です。




それが

私から離れて幼稚園に行くのだし、
少しぐらい嫌になっても仕方がないこと。




ひとまず寝かせて
入園4日目の朝。




「おかあさーん。
    きょうさむいから、るすばんしてるー」(弟)




・・・・うん。やっぱりだ。


と思いましたが

幼稚園の楽しさも、
まだ充分に知らない弟。



今日行ったら明日はお休みなんだよ?と話し

無事幼稚園に行きました。




午後にお迎えに行くと

先生が、


「弟くん、お昼ご飯の時に
       ポロポロと泣きだしました。

  ガマンしてたものが出てきたみたいですね」 と。  




う~~~~~ん。



兄の時は

朝、大声で泣いたり
私を追って脱走しようとしたり

とにかく派手に全力で
「イヤだ」をアピールした。




弟はどうやら

そういうタイプではないらしい。




家では今まで以上にベッタリしてくるので

とりあえず

それを出来る限り受け止めることにしました。




早く
幼稚園の楽しさを
いっぱい見つけられるといいねぇ、弟ちゃん。




ランキング参加中。クリックで応援してもらえるとうれしいです。
にほんブログ村 子育てブログ 男兄弟だけへ

FC2blog テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児



 遠くから
         弟の声
              「でーたーよっ!」


 トイレのようだ。
          「ぜんりょくで、でたっ!」




        87cc7d7b-s.jpg
        全力で。



食後すぐの方、
爽やかな朝にご訪問の方、
どうぞこの記事を読み飛ばしてください(´∀`;A


それでも良いという方は
「追記の展開」をクリックで。
別ページには飛ばず、このままザッと開きます。

↓ ↓ ↓
では・・


次男・弟(4)は、
トイレで≪大≫をした後
私を呼びます。


弟は自分でもオシリを拭けますが、
まだちょっと不安なので
私が『仕上げ拭き』をするのです。



そのため、
≪大≫の後には必ず
呼び出されるのです。



呼ばれてトイレへ赴くと、

毎回「立派なウン〇だった」アピールをされます。



体調を知る上でも
見せてくれるのはありがたいのですが。。



報告の言葉も
最近はバリエーションが広がってきました。


「いっぱいでた」

「がんばった」

「ほらっ」

「すごいでしょ~」

「えいってだしたよ」


などなど。



その中での最近のヒットが

「ぜんりょくで、でたっ」

です。



これはね、
2つのパターンがあると思うんです、私。


1つは、
弟自身がかなり全力で頑張って
出したパターン。



もう1つは
ウン〇自身が全力で弟の力を借りずに
出てきたパターン。

弟はラクですが、
ウン〇からしたら
まさに全力であると言えるでしょう。



弟がどちらの立場から
「ぜんりょくで」と言ったのか
聞きそびれてしまったので推測するありません。



「ぜんりょくで、でた」
ですから、


言葉だけ見れば
ウン〇の立場からの発言であると
考えられます。


なぜなら弟の立場からすると
「ぜんりょくで、だした」
が正しいからです。



ですが、考慮すべきは
弟の「話す力」です。


「もらう」・「あげる」
「行く」・「来る」
の区別が
イマイチついていないため、


「だす」と「でた」の区別も
はっきりついていないと
言えます。


そう考えるとどちらの可能性も・・









・・・・何を言っているのでしょう、私。






わざわざ読んで下さっている方、
申し訳ありません。



誰かに言いたくて、つい、
止まらなくなってしまいました。




この記事を削除しようかとも思いましたが、

もったいない気がするので
このまま投稿しようと思います。




え~、最後ぐらい爽やかに・・・



どうぞ皆様、

今日も1日、良い日でありますように~ヽ(・∀・)ノ




ランキング参加中。クリックで応援してもらえるとうれしいです。
にほんブログ村 子育てブログ 男兄弟だけへ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。